横田基地日米友好祭2019・A-10外観22019/10/03 00:13

昨日に引き続きA-10の外観ですけど、今日のはマニアックです。
しかも、解説がうるさいです。^^;)

A-10
このタイヤは、飛行中も完全には格納されません。
緊急時の胴体着陸に備えての設計です。

A-10
主翼の出っ張り部分、ここにタイヤが収容されます。
脚は油圧がダメになった時、風圧でロック位置に持っていくために、前方に引き上げる方式になっています。
塗装のハゲは特に問題なし。^^

A-10
翼を内側から。
エルロンを動かす部分です。
大小の違いはありますが、基本的にラジコンと同じですね。
片方の外翼(どの部分?)が吹っ飛んでも飛べます。

A-10
パイロンと言います。
ミサイルや予備の燃料タンクを着けたりします。
正確に言うと、翼のハードポイントにパイロンを着けて、そこにミサイルランチャーや燃料タンクを着けます。

A-10
最大搭載量は7.3トンでB-29爆撃機と同程度です。

A-10
誰が見てもA-10の後姿です。^^
エンジン一基、垂直尾翼1枚、昇降舵1枚を失っても飛べます。

今年の夏、主翼全体を新たに製造した新品に交換する作業が完了しました。
初飛行から47年、この交換で2030年台後半まで運用するそうです。
まだまだ、撮れます。^^

横田基地日米友好祭2019の、まとめはこちら。
いままでの横田基地は、こちらから。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
お手数をおかけしますが、スパム対策です。
以下に ”しゃしん” と入力してください。

コメント:

トラックバック